黒獣 伝説の凌辱アニメの第2話!kunagisaの名作紹介!!

こんにちは!マスク荒れで肌が乾燥しているkunagisaですっ😎
花粉症…辛いですよね…。でも、そんなものにも負けないようにする方法があります

それは……
エロエロパワーを補充することです!
エロの波動は病やネガティブな心を吹き飛ばす力があるんですっ!
というわけで、世界中のエロい波動に飢えている男性(と女性)の為に、私kunagisaがまたもやアニメを紹介したいと思いますっ!

『黒獣 アリシア×プリム奉仕国家抗い編』

第二話のリンクがこちらになりますっ!

目次

1. 前回までの黒獣!

第一話の紹介記事のリンクですっ!

ドスケベ褐色ダークエルフのオリガが率いる魔族軍と、巫女やハイエルフ等の高貴な身分でありながら際どすぎる格好をしてる女性たちが集う七盾同盟は、絶えず戦争を行っていました。

記が七盾同盟。恰好があまりにもドスケベすぎる…

そこで現れたのは「傭兵王」と呼ばれる主人公。伝家の宝刀(イチモツ)を武器に魔族の本拠点に乗り込み、側近であるクロエと魔族の女王 オリガを捕えます。

ありとあらゆるhentaiプレイを行い、二人を快楽堕ちさせることに成功した主人公っ!
性欲だけで戦略レベルの戦果をあげる男の中の男ですねっ😎

そして最後には、二人にご奉仕フェラさせて終わるという裏山展開!!

二人の顔よりも大きい主人公のイチモツ
こんぐらいBIGになりたいものです😍

以上が、前作までのざっくりとしたあらすじでしたっ!
まだ見ていないという方がいましたら、是非とも御覧ください😁

↓↓↓↓第一話のリンクです!↓↓↓↓

2. 今作のあらすじとヒロイン紹介!

魔軍という強大な力を手に入れた主人公は、退屈な世界に刺激を与えるためという、とんでもなく自分勝手な理由で「奉仕国家」の建国を宣言します。

説明しよう!
奉仕国家とは
そこに属する全ての女は、訪れる男たちに性的奉仕を行わなければならないという……とんでもなく常軌を逸した国家なのであるっ!

皆さんは強大な権力を得たとして、わざわざそんな国家を作ろうと考えますかね?kunagisaにはそんなメンタリティはありません😢
せいぜい小規模のハーレムを作るぐらいが関の山で、他の男たちが満足できるシステムまで作ろうとは思いませんっ!

しかしこの主人公は行動に移しちゃうんですねぇ~。この強大なエゴ、見習いたいものです。

話は戻ります!

奉仕国家の最初のターゲットとなったのは…

このアリシアちゃん!

聖アイリス騎士団という、清廉な名前からは想像できないほどドスケベな恰好をしている集団の団長です。
何をもってドスケベと言ってるかわからないと思いますので、証拠画像を用意しました!

……いかがでしょうか!?

まだ遠くて見え辛いと思いますので、もう少しズームして見てみましょう!!!!

ドスケベじゃないですか!?
なんとこの恰好、むくつけき男たちにひん剥かれてのものではなく、正装だというのだからたまったものじゃありません。
ビキニアーマーというのがゲーム界隈でありますが、これはそれよりさらに防御面積が狭いです😍

一体何から守るのを想定した作りなのかわかりませんが、エッチならOKです!😊

そりゃこんな格好を正装にしている騎士団があったら真っ先に狙われますわなと、謎の納得をしてしまったkunagisaであります…。

剣技と可憐な容姿から姫騎士と呼ばれているアリシアちゃん。
自分に厳しく他人に優しい思いやりのある心の持ち主で、ストイックに生きすぎて性に関して疎いという可愛らしい一面を持っております。

そしてもう一人のヒロインは

プリムちゃんですっ!

ロリっぽい見た目からは想像できないほどの巨乳の持ち主で、愛らしい見た目と心優しい性格から花月の姫君と呼ばれているみたいですね!

アリシアとはいとこの関係で、アリシアのことを姉様といって尊敬しております。

プリムの登場するシーンは全部エッチすぎるので、このあとで是非とも紹介させてください!


そんな属性もりもりのアリシアとプリムの元に、主人公からの手紙が届きます。その手紙には、奉仕国家に参加せよという記載があり、当然のように拒否する二人!

二人は互いに尽力することを誓い、それぞれ守護すべき砦に戻りました。

そして…

二人ともぼろ負けします😢

アリシアは迫りくる魔軍に対して善戦していたみたいですが、味方である大臣の裏切りによって戦線が崩壊。アリシアは捉えられ、独房にいれられてしまいます!

独房に入れられたアリシアは、大臣から脅迫され……。

というのが、大まかなあらすじになります!

↓↓↓↓第二話のリンクです!↓↓↓↓

3. 筆者オススメシーン抜粋

モブキャラがかわいい

kunagisaが最初にびっくりしたのは、モブキャラがありえんぐらい可愛かったことですっ!
(※モブというのは、名前のない登場キャラのことですっ!)
このシーン、シスターのような恰好のモブ子達が敵に捕まりながらも必死にアリシアを激励しているところなのですが……
張りのある胸と自己主張のつよい乳首がエッチすぎて話が頭に入ってきません😢

負けないと叫びながらもあっさりとイカされアヘ顔になるモブ子ちゃん。王道の展開ですが、潜在的に男の中のエチチセンサーを刺激する展開だからこそ王道なのです

立場が逆転した二人

かつて人間から凌辱されていたトラウマを抱えていたクロエ。その環境から救い出してくれたオリガに対して絶対的な忠誠を誓っていたはずなのですが…。
今ではすっかり尊い感情は失われて、オナホ扱いしております😍
これもまた愛のカタチということでしょうか…?kunagisaには、二人が前よりも幸せそうに見えます😊

芸術的なM字開脚

大臣に脅迫され、砦内の民衆を守るために自らの身体を差し出すことにしたアリシア。ストイックに生きていて性について疎いはずなのに、エッチな事をされるとわかった瞬間にまずやることがM字開脚って相当スケベじゃないですか!?!?
潜在的な性への関心がこうさせたのだと勝手な想像を膨らませてドキドキしたkunagisaであります😍

どういう構造?

一見すると背中までつながっていて、後ろのほうで固定しているのかと思っていたのですが、どうやらkunagisaの想像力不足でした。
これはもはや前張りのシールみたいな素材でできており、下記の動画のようにするっと剥がせる仕様だったのです!!
しかもニップレスもつけずにいるので、一体どういう気持ちでこの衣装を着ていたのかを想像するとドキドキが止まりません😍

宝石のように綺麗な身体!!

前作のダークエルフの褐色も大好きだったのですが、こちらのアリシアを御覧ください。まるで宝石のように輝いてると思いませんか!?
下半身やお腹の影つけによる肉感のディティールが素晴らしいのも相まって、ぞくぞくする一枚絵になっております!

意思を持った乳首

アリシアが少しずつ性の快楽を理解していく描写を、乳首の勃起によって表現するというアクロバットで大胆な演出!
全体を通してアリシアは乳首が責められがちなので、もしかしたら乳首が大好きなのかもしれませんっ!
このカット、ずっとリピートで見ていられますね😍

一方そのころプリムは…

アリシアが性への目覚めをしている間、プリムもひどい目にあっていました。kunagisaがドキッとしたのは、プリムの表情が隠れている演出です!
これによって視聴者の想像力が何倍にも膨れ上がり、エッチ度数が跳ね上がります😍
しかもどこか色気のある雰囲気まで纏っているので、普段の少女のようなプリムとのギャップでさらに興奮しました……っ!!

快楽に負けた姉様を見て

大臣から性の快感に気づかされ、堕ちてしまうアリシア。そして、その姿をプリムに見られてしまいます!
アリシアは主人公に犯されているプリムを見て放心しますが、プリムはアリシアを冷めた目で見ます。その表情のなんと切ない事か!
プリムは、アリシアならどんな拷問や調教にも耐えられる。だから自分も頑張って耐えるんだと気張っていたのでしょう。
そんな心の支えは、アリシアの姿によってぽっきりと折れてしまいます。
そして最後にプリムがつぶやく言葉…!
この絶望感こそが凌辱系の醍醐味ですね!

kunagisaの紹介したいシーンは以上です!
気になった方は、是非ともご自分で楽しんでくださいねっ!😍

↓↓↓↓第二話のリンクです!↓↓↓↓

次の物語をちょっとだけ…

アリシアとプリムの心を折り、手中に収めた主人公!その勢いは止まることなく、次の話では、なんと3人のヒロインを堕としにかかりますっ!

ターゲットにされるのは…

異能の神を信仰する巫女の長 カグヤ!

主人公と旧知の仲で、いまだに片思いをしている女傭兵 マイア!

生意気ハーフリングロリ ルー・ルー!

登場人物が一気に増え、急展開が期待できますねっ!
kunagisaも皆様にいち早く次回の紹介をさせていただきたいとわくわくしております😍

そしておなじみ、次回作でのアリシアとプリムですが…😎

アリシアは通行人相手に身体を売るほど落ちぶれ、プリムは変態ドM魔族相手にお嬢様プレイに興じております!!!

個人的には変貌を遂げたプリムにドキドキを抑えることができません😍
こういうのこそ凌辱ものの醍醐味ですね😊

黒獣 カグヤ×ルー・ルー×マイア編

↓↓↓↓第三話のリンクです!↓↓↓↓

それでは最後に、ユーザー様からのコメントを紹介させていただいて締めたいと思います!

・冒頭のシスター凌辱から抜きどころ満載‼ 最高‼

・強気な女の子が地面を這いずってでも逃げようとするところが好き

・姫君への容赦ない陵辱シーンが最高ですね…。

ここまで読んでいただいてありがとうございます!

この記事をきっかけに、皆様により良い出会いがありますように。

ご意見箱

何かありましたらこちらまで
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次